レイクALSAは総量規制の対象で年収3分の1を超えれない

レイクアルサ

 

レイクALSAは2018年4月1日から新生フィナンシャル(株)で取り扱われているカードローン商品です。

 

「レイク」という文字を見ると、特にカードローンを利用したことがある人なら、銀行?消費者金融?と戸惑うかもしれません

 

新生フィナンシャル(株)のレイクALSAは、消費者金融となり総量規制の対象であるため、年収1/3以上は借りることはできません。

 

銀行系カードローンは総量規制の対象?対象外?

 

ネットで検索していると銀行カードローンではなく、銀行系カードローンという言葉が見つかります。銀行が付いている総量規制の対象外と思う人もいるでしょう。

 

レイクALSAは銀行系カードローンの1つです。つまり銀行系カードローンとは総量規制の対象となります。

 

レイクALSAは新生銀行の傘下に入っています、そのような消費者金融を銀行系カードローンと言います。

 

銀行系カードローンとは銀行が取り扱っているのではなくグループ会社が扱っている商品なのです。

 

新生銀行の傘下にはレイクALSA以外にもノーローンがあったり、三井住友銀行の傘下にはプロミス、三菱UFJ銀行はアコムが傘下となっています。

 

アコムやプロミスは大手だからといって総量規制オーバーで借りれるわけでなく、3分の1までとなっています。

 

レイクALSAは即日審査~融資に対応?即日審査に総量規制は関係ある?

 

レイクALSAの最短即日審査~融資が可能となっています。平日14時までに申込、本人確認書類の確認が終われば、振込での即日融資が受けれます。

 

それ以降や土日の場合は自動契約機へ来店してカードを受け取ればATMから借入することができます。

 

消費者金融は総量規制の対象ということで、審査時間が長くなってしまうことがあります。

 

総量規制は年収の3分の1までしか借りれないということだけではなく、必要なる書類も決められました。

 

その書類は収入証明書です。貸金業法によれば「貸金業者が自社からの貸付けが50万円を超える貸付けを行う場合か、複数の貸金業者からの貸付合計が100万円を超える貸付けを行う場合」に収入が必要となります。

 

簡単にいうと1社から50万円または何社かの貸金業者からの借入総額100万円を超えれば必要となるのです。収入証明書が金額問わず原則必要となる消費者金融もありますが、レイクALSAは総量規制以下であれば不要となります。

 

つまり必要な状況となれば、提出するまで審査が終わらず、融資を受けることができません。源泉徴収票や給料明細など近くにあればいいですが、ほとんどの場合は用意するの時間がかかるでしょう。

 

収入証明書を用意ができずに翌日以降の融資になることもあるため、総量規制は審査時間に影響します。

 

消費者金融の収入証明書不要で借りるには、申込金額は50万円まですることが大事です。そして100万円(50万円×2社)までは借りることができます。

 

総量規制対象レイクALSAの金利や限度額は?

融資額 1万円~500万円
貸付利率(実質年率) 4.5%~18.0%
貸付利率は契約額および利用残高に応じて異なります
利用対象者 満20歳~70歳(国内居住)
遅延損害金(年率) 20.0%
必要書類 本人確認書類 収入証明書(契約額に応じて レイクALSAが必要と判断した場合)
担保・保証人 不要
最短即日審査~融資
無利息サービス @お借入れ全額30日間無利息
Aお借入れ額5万円まで180日間無利息
総量規制 対象

 

レイクアルサの申し込みはこちら⇒